代表者挨拶

これからの半世紀をどう生きるか

フジカは、おかげさまで51期目を迎え、新たな半世紀に挑戦する運びとなりました。
先般もご挨拶申し上げましたとおり、これはひとえに従業員、お取引先様、
そしてお客様をはじめとする皆様に支えられてのことであり、
改めまして心より御礼申し上げる次第で御座います。

さて、昨今、人手不足が社会問題となっており外国人労働者受け入れに対する規制緩和が進む一方、
IOTの進化によるあらゆる分野での人が携わる職種の消滅が取り沙汰されております。
10年後の未来、そしてその先を読む事がとても難しくなってきている事は否めません。
フジカは昭和44年、創業者である祖父が包装資材の販売を目的として始めた会社です。
平成に入り製造・梱包・通関などを通して物流に携わるお仕事をして参りました。
10年程前、とある番組に出演させて頂いた際、
「ノーと言わない物流会社を目指します」と宣言した事も鮮明に覚えております。
そして今、これからどう生きるか?が問われる節目の代表者としまして
「携わる全ての人を幸せにしましょう」という経営理念の実現に向け、人が携わる事の出来るお仕事を、
人と人の繋がりを今以上に大切にして精進する事をお約束申し上げます。

最後になりましたが、従業員の皆さん、365日24時間は全ての人に平等に与えられた権利です。
その時間をどう思い過ごすのか?これだけで見える景色は変わります。
一度の人生を最高に楽しむ為に、切磋琢磨していきましょう。

代表取締役  藤田好紀

経営理念

  • 経営理念

    携わる全ての人を幸せにしましょう

  • 経営方針

    1. ファミリーとしての意識を公私においてもつこと
    2. 自信を持って何事にも取り組み、必ず「やり遂げる」こと
    3. 価値観を共有し、会社永続のために発展・成長させること
  • 行動指針

    1. 喜ばれることを進んで行いましょう
    2. どんな小さなことにも感謝しましょう
    3. 全員が明るく笑顔で働ける職場環境づくりをしましょう
    4. 創意工夫を心がけ、品質向上に努めましょう
    5. 計画性を持って仕事の効率を高めましょう
    6. 限りある資源を無駄なく有効に使いましょう